2006年05月09日

新工法の【地盤改良】工事中!

【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!
↑ プチッとしてくれて感謝です!


今日も【地盤改良の新工法】 のお話しです。

今回採用した地盤改良は一般的な柱状改良の欠点だった
中間部分の支持力低下を補うために特殊な鋼管杭を打ち
込むというものです。 ↓


新開発!柱状改良+鋼管摩擦杭  


なんでも支持強度は従来の約2倍、しかも水気の多い場所
にも強いとのこと。(諏訪湖の近くや河川の近くで試験済み。)


ポイントは特殊な段付き鋼管杭 なわけですが・・・・


これが↓本邦初公開!?の鋼管杭です!


特殊な摩擦鋼管杭


お〜っと真似しないで下さいね・・・ 特許出願中ですからっ(笑)


鋼管にくぼみがありますよね、これがミソでして
改良土としっかり結合して杭の強度をアップするわけですね。


それではどのように施工されるのかご紹介しましょう!


改良工事を始める前に、まずは試験掘りをして、土壌のサンプル
を取り、土のPH測定をして土壌の酸性度を確認したり、地下水位
の確認をします。


この測定結果を見て、改良剤の最適な配合が行われます。

う〜ん、科学的ですね〜

試掘&PH測定


実際には事前に杭芯出しといって杭を打設する位置を地盤面に
杭を打つ場所を印しておく作業があります。



そして改良杭の施工が始まり始まり〜


柱状改良施工中! 


手前に見える重機が打設用で奥の道路に停まっているのが
改良剤を配合して液状のセメントを流し込む特殊なポンプ車
です。(2台の重機は太いホースでつながっています。)

グルグル回転しながら堀り進めてゆき、抜く過程で改良剤を
土壌にミックスしてゆきます。


柱状改良打設中!


その後、段付き鋼管杭を打設。


でも、これで終わりじゃありません。
やりっぱなしじゃいけませんからね。


杭芯の計測(画像左)と杭頭の高さを計測(画像右)して
杭がキチンと打てているか確認します。

    念には念を!

杭芯&高さの再確認


さらに・・・・

杭の供試体(サンプル)を採取して、
実際本当に杭の強度が出ているかを確認します。


杭頭処理後&供試体採取 


このように・・・・
実にしっかりとした工程を踏んで工事は終ります。

住む人の命を守る大切な家。

いかに耐震性の高い設計をしても肝心の地盤が弱くては
どうにもなりません。



まさに足元を固める大切な作業です!☆


管理人の発行するメルマガもどうぞごひいきに〜☆
配信:まぐまぐ

では最後に一瞬だけご協力を! プチッとね☆
【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/50535730
この記事へのコメント
トラバースの「地盤改良工法」私も興味津々なのです。流石ナベさん、真っ先に採用しましたね。

ところでコスト面は?それとRC造でも使用できるのですか?スンマソン素人のような質問で・・・・・(笑)
Posted by アスベストの三代目 at 2006年05月12日 21:51
おばんです、三代目。
今までウチはトラ○ースじゃなかったんですけど・・・
今回ウチの改良屋よりむしろ安い見積りがでてきましたよ。
これはですね、きちんとした計算ができるので、
結果的に本数等が減らせるかららしいんですね。
使う改良剤の量も減らせるし、作業量も減ると、いいことずくめです(笑)

RCは今のとこ無理のはずです。
基準法的な部分で。

それはそうと、ただいま大量スパム攻撃を受けているのでコメントを一時下書き状態にしています。
すぐ反映されないですみませんです☆
Posted by 管理人→三代目 at 2006年05月12日 22:03
こんにちは
『おおつきニュ〜ス』届きました
ありがとうございます

省エネのススメから外断熱地熱住宅に持っていくあたりは ウマイ!!!
感心しました 勉強になります

地盤強化は良い家づくりの基本です
豆腐の様な地盤の上に丈夫な家を造っても・・・ですね

『木曾東濃檜』勉強会行ってきま〜す
Posted by ツイテル!中鉢でした at 2006年05月16日 16:35
こちらこそいつも「ドリームオン」を拝見させていただいてます!
よく毎月あれだけの量を!(しかもカラーで…^^;)
と社長ともども感心しているんですよ。
明日は坂下ですね、行けないボクのぶんまでよ〜く勉強してきてくださいね!
Posted by 管理人→中鉢さん at 2006年05月16日 20:27