2006年04月19日

地鎮祭(ぢちんさい)

【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!
↑ プチッとしてくれて感謝です!


先日、週末に二日連続で地鎮祭(じちんさい)をとり行いました。

地鎮祭とは古来より家を建てるときに行われてきた祭りのこと。
祭りは元来神にまつらい、感謝し、崇敬の念をもって執り行われる
行事で、一般的には神式で行われます。

初日はお天気がちょっとあやしかったのでテントを張っての祭事と
なりました。

地鎮祭はまず修祓の儀(しゅばつのぎ)で参列者全員を祓い清め
てもらい、つづいて・・・・

降神の儀(こうしんのぎ)で神様が降りてらっしゃるのですが・・・・
神官が突然「ウ〜ッツ」と低い声でうなり始めるので、小さい子供
さんなどはここで笑い出したりします。(ホントです;苦笑)↓
神式地鎮祭 

人間って「笑っちゃいけないと思うと余計おかしくなる」法則が
ありますよね?

そうなんです。

小さい子供さんが兄弟姉妹でいたりするとほんとにスイッチが入っ
てしまい、最後にはお母さんのスイッチまで入る事があります(爆)

(ちなみに今回は何事もありませんでした。)

つづいて献饌の儀(けんさんのぎ)で神饌をお供えし・・・
祝詞奏上(のりとそうじょう)、四方祓い(しほうばらい)、そして
いよいよ鍬入れの儀(くわいれのぎ)で建て主様に鍬を入れてもら
います。

順番は設計者が鎌入れ、施主が鍬入れ、施工者が鋤入れです。

えい!えい!えい!」と元気よく大きい声でお願いします!↓
鍬入れの儀と玉串奉奠

その後玉串奉奠(たまぐしほうてん)で玉串を捧げる前に
二礼二拍手一礼(にれいにはくしゅいちれい)の作法です。
忘れずに。

・・・でも万一忘れても気持ちが大切ですから大丈夫!

撤饌の儀(てっせんのぎ)、昇神の儀(しょうしんのぎ)と進み、
最後に直会(なおらい)で神様のおさがりのお神酒(おみき)を
頂戴して終ります。

乾杯!おめでとうございます!



・・・・・で、次の日も地鎮祭を行いました。


・・・・だけじゃ面白くも何ともないわけで。



  実は珍しく仏式の地鎮祭をやったのでした。↓
 
仏式地鎮祭 


住職さまに仏前(?)でお経を唱えていただくわけです。

お経の内容はほとんどわかりませんでしたが・・・(当たり前)
工事の安全を祈願しているのだけはわかりました!

何でもそうですが、形式にこだわらず、重要なのは・・・・


人の気持ち(この場合、工事の安全を祈る気持ち)



・・・ってことですよね!?



管理人の発行するメルマガもどうぞごひいきに〜☆
配信:まぐまぐ

では最後に一瞬だけご協力を! プチッとね☆
【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/50503586