2005年12月26日

珪藻土DIYシーラー塗布

【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!
↑ プチッとしてくれて感謝です!


今日も、珪藻土を塗ろう!をお送りします。

DIYで珪藻土を塗ろうという方にお送りしてます。


さて今日はその4回目。

      「まず下地をつくろう! その3


さあいよいよ下地作りも最終段階になります。
前回までにグラスファイバー製のメッシュテープを張ったり
パテ処理をすることでクラック防止を行いました。

そこで注意点ですが・・・・・

前回処理したパテは24時間以上乾燥させて下さい。
(石膏系粉末パテの場合)

パテは24時間以上乾かす














石膏系のパテは硬化するのに最低でも24時間はかかります。
いいですね?
ここで急いでもはじまりませんから。


さて今日の作業は「シーラー塗り」です。

シーラーというのは下地からアクが出てくるのを防いだり
下地の吸水性を均一にすることで、仕上げが色むらになる
のを防ぐ目的 で塗布するものです。

今回取り上げた「はいからさん」の場合は専用のシーラー
原液1に対して水1を加えた2倍希釈液を使います。

まず前回パテ処理をした部分にウールローラーで均一に
塗ってゆきます。
ここでのポイントはウールローラーを使うこと。
刷毛で塗ろうとするとどうしても均一に塗れず、最終的に
珪藻土の塗りむらにつながります。


ウールローラーでシーラー塗布
















ただ、どうしてもウールローラーではうまく塗れない部分も
でてきます。
出隅(でずみ)や入隅(いりずみ)、枠の際(きわ)などです。
そういった細かい部分のみ刷毛を使って、丁寧に塗って
ゆきます。


細部のシーラー刷毛塗り















シーラーは気温にもよりますが2〜4時間程度乾かします。

乾燥後、必ずアクが出ていないか確認して下さい。
もしシミのようにアクが出ているようなら、再度その部分に
シーラーを重ね塗りし、完全にアクが止まったことを確認
することが必要です。

特に下地が合板の部分はアクが出やすいので要注意!

下地づくりを丁寧にやればやるほど仕上がりがキレイになる
ことを決して忘れないで下さい。


【今日使った材料】
・内装用シーラー、作業用トレー(受け皿)

シーラーとトレー











・ウールローラー、細部塗り用刷毛

ウールローラーと刷毛










※さあ、これで下地づくりが終りました!
  次からいよいよ珪藻土を塗り始めます!!

今日のところはこのへんで。次回もお楽しみにっ!

では最後に一瞬だけご協力を! プチッとね☆
【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/50286972
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。昨年は色々御世話になりました。今年もよろしくお願いします。
お正月はゆっくりできましたか?
Posted by アトピッコハウスMrs.アン at 2006年01月06日 09:36
Mrs.アン、明けましておめでとうございます〜☆

お正月は久々にパソコンに触れない毎日を送り、ゆっくりさせてもらいました。
今年はボチボチとゆるやかに進めて行きたいと思っています。
Posted by 管理人@ただいま建築中! at 2006年01月06日 21:31