2005年12月22日

珪藻土DIY養生とパテ処理

【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!
↑ プチッとしてくれて感謝です!


今日も、珪藻土を塗ろう!をお送りします。

DIYで珪藻土を塗ろうという方にお送りしてます。


さて今日はその3回目。

      「まず下地をつくろう! その2


今日もしっかりした下地を作るためのレクチャーです。
前回グラスファイバー製のメッシュテープを目地などに張って
ゆきましたが、次に行うのは「養生」(ようじょう)です。

床などを汚さないように全面養生シート保護するんですね。
リフォームなどでは家具などにも養生するようにして下さい。


しっかり養生する















こんなことしなくても、適当に新聞紙でも敷いておけばいいと
思いませんでしたか?
プロだって養生をするんです、養生には時間が掛かりますが
結果的に仕事がはかどることを理解して下さい。
急がば回れと言うじゃありませんか。

養生するのは床だけではありません。

次に窓枠や建具枠、天井の廻り縁など、要は左官を塗る
所と塗らない所の境目にマスキングテープを張ってゆきます。


枠材なども養生する
















さあ、これで汚すことを気にせず思い切って作業ができるように
なりましたね。


次は仕上がりを左右する「パテ処理」です。


前回メッシュテープを張っておいたつなぎ目の部分やビス頭、
出隅や入隅に
「パテ」を丁寧に塗りこんでゆきます。


パテ













はいからさんの場合は石膏系のパテを使いますが、粉を振るい
かけたりせず
にそのまま水で溶いてパテにして下さい。
(※これはプロの方へのアドバイスです。)


パテを塗る















丁寧なパテ処理は重要です。 今回は1回処理で終らせましたが
2回処理するとパテが痩せてしまうのを防ぐことができるので
お薦めです。

逆に言うとパテ処理で手を抜くと後でそこからクラック(亀裂)が
発生するので注意が必要なのです!

塗る時はなるべく平滑にするようにしますが、仕上げの段階でも
ある程度はごまかせます。

パテ処理完了↓

パテ処理完了


















【今日使った材料】
・養生シート、養生テープ、マスキングテープ

養生用資材











・パテ、パテ用受け皿、パテ用へら

石膏系粉末パテとヘラ










※下地づくりはこれで終ったわけではありません!

今日のところはこのへんで。次回もお楽しみにっ!

では最後に一瞬だけご協力を! プチッとね☆
【人気blogランキング】 に登録して頑張っています!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/50286849