2005年10月08日

ウインドキャッチャーとしてのサンルーム

【人気blogランキング】に登録して頑張っています!
↑最近なぜかランキング25位以内!プチッとしてくれて感謝です!

≪自然風を上手に家の中に取り込むしくみ≫
          〜 をデザインする
              ・・・・・についてお話ししています。

さらに積極的に風を取り入れる手法−4

これまで家の中に風を取り込む際の基本(面積や方角、高さ
、配置)や、さらに積極的に風を取り込む手法(天窓や頂側窓
・腰屋根窓)やその注意点(日射遮蔽)について色々お話し
してきましたね。

そして今日はもっともっと積極的に風を取り込む家のデザイン
についてお話しします。

今回このブログで建築経過をご報告している『あかね台の家』
は、東南の方角に水田があって冷された風が吹くことを最初に
お話しましたよね、憶えてますか?(笑)

            こんな↓感じで家に吹いてくるんです。

水田からの涼しい風

























       家の輪郭を初めて公開しましたね!




                       よ〜く見て下さい・・・・




    家の南側の形が変なのに気づきましたか!?




リビングダイニングが三角に出っ張っていますよね。

これは冬期、積極的に日光を取り入れる
サンルームのような働きをするのですが・・・


冬だけでなく
夏場には・・・・



   ウインドキャッチャーとして




    積極的に風を家に取り込むのです!!


ウインドキャッチャーで風を取り込む

















この手法は決して当社が独自に考えた手法ではなく
ドイツなどのエコロジー建築にはよく使われるデザイン
手法
なのです。

この効果はてきめんですよ!



・・・・・どうですか?

この家を見てみたくなりましたか?

もしあなたが東京神奈川地区のお近くにお住まいなら
実際に見ていただくことができます・・・

10/22(土)23(日)にオープンハウスを開催します。

詳しくはコチラをご覧下さい!!

〜風をデザインする〜は、まだ少し続きます・・・

では最後に一瞬だけご協力を! プチッとね☆
【人気blogランキング】に登録して頑張っています!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/50110579