2005年07月06日

外壁工事 Part

 

【人気ブログランキング】に登録して頑張っています。

                 ご面倒でもひとつクリックして下さい。

 ここの所、少々さびしい思いをしております・・・ 


 

建物の廻りがすべてサーモプライで囲まれた状況になりました。

これでサッシを取付ければ、雨が進入する事はありません。

 

屋根と同様つなぎ目に気密テープを張っていきます。

ここで重要なのが、屋根との取合いと基礎との取り合いです。

 

 外壁サーモプライテープ1

 

 

 ←基礎の取合いもばっちりです。

 

 

 

 

 

屋根工事でもお話したように、外断熱の施工時とても重要なのは

建物の外と内を区画することです。

 

少し難しく言うと「気密をとる」ことです。

例えば冬の寒い日、外が冷たくてもその冷気が中に入ってこないし、夏の暑い日、外の暑い空気が中に進入してこないわけです。

 

もっと重要なのは、外断熱の地熱住宅の肝になる換気・循環システムがしっかり機能するために、気密をとることは必要不可欠なのです。 

 

  外壁サーモプライテープ2

 ←バルコニーの「受け桁(けた)」廻りの納まり

 

 

 外壁サーモプライテープ3

 ←開口部の納まり

 

 

は、屋根と同じように、断熱材の取付です・・・



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/o_genba/27306568
この記事へのコメント
なべさん、先日はありがとう。
本音を聞けてありがたいです。

現場進行状況が分かる写真をアップすることは、
御社の施工姿勢をお客様にも理解いただけるので良いと思いますよ。
なかなか、丁寧に工事されていますね。

よろしくです。寂しそうなのでポチッします。
頑張ってくださいです。
Posted by 失敗しない家づくりを! at 2005年07月07日 12:44
漆原さんお気遣いいただきまして恐縮です。
寂しくならないように、明日は僕がキツイ話題をアップしますのでお楽しみに!
Posted by 管理人の渡辺です at 2005年07月07日 23:58